<異なるメーカの旧リニアックデータ移行の有用性について>
    
リニアックが新しく更新された場合、メーカが異なる旧リニアックの照射データをBlueStatにデータ移行すると、さまざまな利点があります。

・患者情報は新旧ともに閲覧できます。

・過去の照射データは、照射画面から旧リニアックボタンをクリックすれば、データベースが過去情報に切り替えることができます。

・腫瘍線量の累計や照射回数が閲覧できます。

・照射データの検索は新規照射データと同じ検索ができます。

・再来の患者様の場合、患者IDで検索し、過去の照射履歴が閲覧できます。

・電子カルテの端末からも、過去の患者様の照射情報を閲覧できます。

・過去情報を有効に利用することで、患者様や院内の医療従事者の方に対しても信頼性につながります。

・当社は過去において各社リニアックメーカ様とのさまざまな連携実績がありますので、スムーズな移行が可能です。

   
datatrans


●データ移行の資料請求は: こちらからお願いいたします。

ページトップへ戻る