医療従事者の方の疲労が測定できます!


  
「パソコンによる フリッカー疲労測定システム」のご案内
    
概要について
1. フリッカー値検査法とは
点滅する光のちらつきを認識する能力が疲労に伴い低下する現象があり、 この性質を用いて疲労計測を行う方法で人間工学および労働衛生の分野で広く 利用されています。

2. ヒューマンエラーとの因果関係
フリッカー値の低下とヒューマンエラーの発生に強い相関があることがこれまでの 研究で示されてきました。

3. 簡単に導入できる
パソコンにソフトウェアをインストールするだけでこれまで専用装置を用いて行われていた フリッカー疲労検査を行うことを可能にします。

4. 結果を5段階で評価判定
ユーザーごとに過去の計測データから標準値を算出し、これと計測値を比較評価し 疲労度を5段階で評価・表示(印刷)します。

5. わかりやすいデータ管理
さらに個々のユーザの計測履歴をデータベースで管理し、わかりやすく表示する機能を持ち 日々の疲労状態の変化を可視化します。
   
flicker


カタログの請求はこちらからお願いします。

メールでのお問い合わせはこちらからお願いします : info@bluebell-s.com

電話でのお問い合わせはこちらからお願いします :03-3341-6120

ページトップへ戻る