会社紹介

放射線治療RIS「BlueStat」による、放射線治療の作業効率化へ

現在、がんの放射線治療における医療現場において、情報の電子化・ネットワーク化が急速に進んでいます。そうした状況での医療行為への負担を軽減させ、効率化を図っていくことで、放射線治療全体への貢献をしていきたいと当社は考えております。

当社は放射線治療RISである「BlueStat™」を自社開発し、 放射線治療での治療依頼から計画、照射、統計そして結果のフォローに至るまで、幅広い範囲での確実な情報管理を行えるシステムを提案しております。
当社は「BlueStat™」を通じて、放射線治療に従事する方々の治療負担を軽減させ、快適な放射線治療環境を作り出していくことに取り組んでおります。



事業内容

放射線治療関連のソフトウェアの販売

放射線治療RIS BlueStatを自社で開発し、販売しております。


● カタログのご請求はこちらから

● デモンストレーションのご依頼は: こちらからお願いいたします。

過去データの移行サービス

リニアック更新時や既存のデータベースを新しいデータベースに切り替えるとき、旧リニアックの照射データや治療画像を当社の治療RISに移行するサービスを行っています。 過去の照射履歴や治療画像を最新のPCやワークステーンにデータベース化することで、今までに記録した貴重な患者情報を照射部位や原発部位で 瞬時に検索・閲覧できます。


リモートサポートによる新データ移行サービスを行っています。施設様の業務形態に応じて、短期的・長期的なデータ移行が可能です。

●対象装置:

リニアック (照射データ、画像)

TPS (線量分布、DVH、治療パラメータ、を画像として管理)

PC (エクセル、アクセス、およびファイルメーカで作成された病歴データ、照射データ、画像)


●データ移行のご相談は: こちらからお願いいたします。

ソフトウェア開発及びコンサルティング

● 放射線情報システム構築

● データベースシステム構築

● DICOM-RT関連

病院様、企業様からのご用命をお待ちしています。

● 開発及びコンサルティングのご相談は: こちらからお願いいたします。

放射線分野およびIT関連の翻訳業務

放射線分野およびIT関連の専門家による翻訳サービスを行っております。特に、企業様で放射線治療機器の取扱説明書、据付説明書、仕様書等の英訳を必要とされる場合は、当社の英訳サービスをご検討ください。
(放射線治療計画装置-TPS の多数の翻訳実績があります。)

● 和文英訳サービス( Native Checkを含みます。)

    

- 文字数のカウントはMS Wordの文字数[スペースを含めない] を使用します。

     

- 日本語の中にアルファベットが含まれている場合はカウントされますので、アルファベットはなるべく少なくした方が低額となります。

● 英文和訳サービス

- 文字数のカウントはMS Wordのword数 を使用します。

- 翻訳料は翻訳の内容により、変わることがあります。

- 納期はご相談となります。

● 翻訳のご依頼は: こちらからお願いいたします。
      

お電話でのご相談はこちらから:

     

03-3341-6120 (10:00 -17:00 月 - 金)

       

JASTRO用語集
LINK情報はこちらから

電子放射線診療用語集
LINK情報はこちらから

長年、放射線治療分野において携わってきたため、多角的・専門的に放射線治療関係の事業に反映することができます。



ページトップへ戻る