特徴

BlueStat™の特徴

当社が開発・提供を行う放射線治療RIS「BlueStat™」は、放射線治療におけるあらゆる情報(治療依頼、計画、照射、統計、治療結果のフォロー等)を一括かつ迅速に管理し、更にそうした情報を電子カルテへオープン化する事が可能な、「放射線治療における情報のハブ」となるシステムです。

BlueStat™」は当社が自社開発したシステムの為、初回導入時には外部装置のインターフェースの開発と帳票の開発等、お客様のご要望に応じたカスタマイズも行っており、勿論「BlueStat™」は日本語に完全対応したシステムでもあります。また、「BlueStat™」はMicrosoft社のSQL Serverを搭載している為、安定したデータベースとなっております。

現在、リニアックおよびTPSとBlueStatの連携I/Fのパッケ-ジ化が実現できています。また、医事会計システムとの会計情報の連携、電子カルテとのWeb連携、およびシステム導入後の開発者によるリモートサポートも標準仕様になっています。

BlueStatシステム図

* DICOMサーバ、Webサーバは標準で実装されています。

より詳細な製品情報をご希望の方は資料請求よりお問合せ下さい。

診断RISと治療RISの違い

放射線科は一般的に診断部門、治療部門、核医学部門に分かれますが、診断部門の検査や撮影の業務で運用する情報システムを診断RIS(RIS)、放射線治療の業務で運用する情報システムを治療RISとしています。
従来、RIS(Radiology Infomation Systems)は、放射線部門全体を統括する情報システムであり、放射線治療に関する情報も一部含まれます。RISは施設様に導入されている放射線機器の種類や導入時期により、システムの構築は病院様ごとに異なります。放射線治療の高度化により、放射線科の情報システムを治療に特化したのが治療RISです。

ページトップへ戻る